×

News

+-
深センFilmbaseコロナ検査に会社総動員でヘルプへ向かう!時間:2022-01-14 閲覧回数:209

深センでコロナ再発・Filmbase総動員で各地へヘルプに向かう

 

1月7日の深センでの発生以来、市全体がすぐにコロナ対策の最前線に突入しました。人々の生命の安全と健康を最大限に保護するために、竜崗区の宝龍地区事務所は、近隣住民が検査できるように、各コミュニティに100近くの固定および移動式の核酸検査用サンプリングポイントを設置しました。同時に、宝龍地区の管轄下にある企業は、社会的責任を引き受け、ボランティア支援チームに参加するために従業員を積極的に組織し、流行の予防と管理に行動に向かいます。



IMG_20220112_103059_副本.jpg605f1e183b9ece416cfcb9d28969b68.jpg



 「ここ数日、管轄区域内の多くの会員企業がコロナ予防作業に参加し、さまざまな方法でコロナ予防と制御作業を支援してきました。その中で最も印象に残ったのは、深センFilmbaseテクノロジー株式会社です。 社内では社長と区社長のリーダーシップを例に、従業員が次々と支援し、1日3交代でサンプリング現場に来て支援を行った」と語った。バオロンストリート商工会議所。



IMG_20220112_112218.jpgf867d7b90cdbb2cdb13b9afcf58c704.jpg


 

 Filmbaseは、バオロン通りの会員企業として、コロナの予防と管理作業をサポートするのは初めてではありません。2021年6月、同社は新しいクラウンワクチン接種ポイントをサポートする「スマート断熱フィルム」製品を展示しました。当時は暑い夏の日でした。Filmbaseは、ポリマーナノ材料と高効率の難燃性材料で作られたスマート断熱フィルムを使用して、バオロンヤセンの新しいクラウンワクチンサイトのキャノピーを変形させ、紫外線と熱を遮断しました。赤外線は接種場所を涼しくします。



08568d34350d21bdcdfdbda6b2aebf8.jpgtu (22).jpg


tu (47).jpg微信图片_20220114172502(1).png


このコロナ防止作業では、Filmbaseのリーダーと全従業員もコロナ防止の最前線に駆けつけ、コロナ防止作業を積極的に支援しました。核酸検査現場では、Filmbaseの従業員で構成されるボランティアチームが地域のスタッフや医療スタッフと積極的に協力して、事前に作業プロセスを理解し、作業環境にすばやく慣れ、さまざまなポジションに専念してスタッフの身元確認を支援しました。 情報入力、核酸検査、注文の維持、およびコロナ防止ポリシーの宣伝。すべての従業員は1日3シフトを交代で行い、朝から晩まで、たるみなく流行防止のポストに固執します。

コロナ対策では、Filmbaseは企業の社会的責任と責任を実践的な行動で解釈し、深センのコロナ対策に貢献し、忍耐強く、最後まで行動します!


コロナの感染率はとても高いです、皆様も日頃のマスク・消毒・手洗いを徹底しましょう。
人と人では1メートルの距離を取りましょう。

ルールを守り、コロナを撃退しましょう!